2010年07月20日

マイホームのシンボルツリーに

梅雨明け宣言がだされ、
天気がよすぎるぐらい良いお天気ですね。

外に出ると、
肌がジリジリ焼けているのが分かるぐらいです。

仕事でずっと炎天下の空のもとにいるので
何も用事がないときができるだけ
外に出たくないものです。

こんな生活をしているので、
ぶくぶく太ってしまうんですけどね・汗

この天気で
ベランダにある植物たちが
気付いたらしおれているなんてことがよくあります。

この前まで雨がたくさん降って
お水あげなくていい日が続いていたのに、
もう、毎日上げないとダメな状態になってしまいました。

いつかマイホームの庭に植えたいと思っている植物なので、
枯らす訳にはいきません。

オリーブに、ユーカリ、アジサイ。
2年もの歳月がたって立派になってきたので
少々のことでは枯れなくなったのですが・・・・・

全部植木鉢がちっちゃいのか頭でっかちになって、
大きな風が吹くと
すぐこけてしまいます。

大きな鉢を買うべきか・・・・

買ったら買ったで持って帰るのが大変なんですよね〜

しかし、大きくなってもらうためにはしょうがないかな?
posted by きょん at 18:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

セラミック塗装の良いところ

セラミックスは次のような性質を持っている。しかし、メンテナンスによって、欠陥を早期に発見したり寿命を伸ばしたりすることが可能である。セラミックス(Ceramics)とは、広義には陶磁器(いわゆる瀬戸物)全般であるが、狭義では、基本成分が金属酸化物で、高温での熱処理によって焼き固めた成形体を指す。セラミックスの語源は、ギリシャ語の「keramos」(粘土を焼き固めたもの)と言われている。大量消費の時代である現在、大量生産からリサイクル 再利用・再使用にむけた動きが活発であるが、それにとどまらず、現存する製品や構造物などの効率化や延命化を実現するメンテナンスという技術も、やはり欠かすことはできない。なお、セラミックの粉を使用する場合には、セラミック噴射装置という場合がある。 セラミックス(Ceramics)とは、広義には陶磁器(いわゆる瀬戸物)全般であるが、狭義では、基本成分が金属酸化物で、高温での熱処理によって焼き固めた成形体を指す。モルタルとは、砂(細骨材)とセメントと水とを練混ぜて作る建築資材。
posted by きょん at 17:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。